2021-09-01から1日間の記事一覧

平手打ち

今年のクリスマスの頃には、もう駒落ちはいらなくなるかと思っていたが、とんでもなかった。息子との将棋の話だ。駒落ちがなくて同じ内容の駒で戦うことを、平手、というのだが、もうすっかり平手で打つのが普通になってしまった。 考える力が強くて、しかも…

百戦百勝

城山三郎の、実在の投資家をモデルに書いた小説だ。彼の本は昔から、価格破壊、という本を大学生の頃に読んだきりだ。話は淡々と書かれていて、感情移入できないのだが、その方がこういう経済のことを書いた話にはいいのだろうか。主人公だけは人物像が出て…