僕は明日、昨日の君とデートする

映画を見た。

f:id:nonparking:20190117200054p:image

 

小松菜奈の可愛らしさにひとまず溺れる。

恋愛映画は男は女に、女は男に少し恋しながら見ると思う。さもないと、何でこんな奴に?という雑念が入ってきて映画に没入できなくなるから。そういう意味でこの映画の彼女の仕事は完璧だったのではないか。

設定は、突っ込みどころがいろいろあるし、2人は本当にハッピーだと言えるのか、考え始めると引っかかってくるのだけれど、そんなものを蹴散らす、この美男美女の体験する甘くて切ない出来事。

不思議設定の恋愛モノとしては、イルマーレという映画があったが、あれとどこか重なるような物語だった。まあ、細かいことはいいから、男なら小松菜奈の演じる愛美にしみじみ浸ることだ。