息子、初めての蹉跌

夏休みの間に頑張って勉強した子供らに、学力で追い抜かれたことや、新しく塾に赴任した算数の先生の教え方が良くないことのせいで、あんなに楽しかった塾に急に行きたくない、と言い出す始末。もともと極端から極端に走りやすい性格なので、その振れ幅に、まあ落ち着けよといいつつも、これまで少し自分の力を過信してる感じもしていたので、つまづいたり、落ち込んだりするのはいいことだと思ったりもする。

結局、また塾には行き始めた。