検察側の罪人

木村拓哉二宮和也が検事の役。木村拓哉は昔の時効事件の犯人が、最近起きた事件の容疑者になっていることを知り、検事の立場ではなく、その昔の事件の復讐者として検察官として、というよりも人としてあるまじき行動に出てしまう。そうしてそれを知り、止めようとする二宮くん。

全体的に声が聞き取りにくい。字幕付きにしてようやく楽しめた。

努力家で昔の犯罪のことを思うと道を踏み外さずにいられない、それも正義を求めるが故、の木村拓哉と、えん罪はどうあってもふせぐべきだという二宮くんの、二つの正義が後半になってぶつかりあう。それにしても木村拓哉の検事の道の踏み外しっぷりはこちらの予想を大きく逸脱しているので、どうしてそういうことをしないわけにはいかなかったのか、についても、もう少し脚本に書いてもいいかなと思う。

二宮くんの何か言いたそうなたたずまいは今回もよく効いていて、見ていて彼が気になってしまう。ついつい見てしまう。

吉高由里子役の検事を手伝う書記官が、二宮君を好きになってしまうわけだが、その辺の流れも省略。映画だとその辺をどう片付けていくかが大切になってくると思うのだが、今回はばっさりであった。

どうして木村拓哉が諏訪部という松重豊演じる調達屋に頼ることにしたのか、など、見ていて説明が足りないところが多く、内容そのものにも、正義とは何なのか、というもやもやした主題であるというのに、このようにあちこちに登場人物の行動の合理性がわからずにもやもやが残ってしまうので、見終わった後もちょっともやもやする。

まあでも、二宮君が容疑者を尋問するシーンは一見の価値ありだと思う。