九段下で中学の体験授業

体験授業の趣旨は少し微妙で、高校の授業をしている先生が、小学生相手に授業しているところを見て、どれくらい正確に先生の力量や、授業との相性が分かるのかは、正直なぞだ。まあでも、天気も良いし、九段下から神楽坂まで散歩できたことをよしとしたい。

授業は算数と国語。算数はうまく教えているような、取り留めないような。国語は象形文字がどの漢字かを当てさせる内容で、これは周到な用意を感じた。実際、面白かった。

昼飯は、芝蘭という店で中華。俺はレバニラを食べた。美味しかった。それから坂を登ってパワーストーンの店で思いがけない、息子のはまりで45分くらい使った。そこで結構体力を消耗。

その後は五〇番で肉饅を6つ買った。帰りの電車は爆睡となった。