息子の寝言

おとといの午前3時くらい。

息子が寝ながら叫んだ。

 

算数じゃないか!

 

翌朝それについて話した。

どんな夢を見ていたのかは、本人にもわからなかった。