リモート飲み会

会社で俺と飲みたがってくれる貴重な存在、Kくんとリモート飲み会。

Microsoft Teamsというソフトを使って、カメラをオンにして、お互いに用意した酒を飲んでつまみを食べながら、近況報告やらまあ、どうでもいいことについて雑談を交わした。まあ、直接会って飲むのには敵わないけれど、こうやってカメラを通じて相手の顔を見ながらリアルタイムで話ができるようになるとは、まるで昭和の時代に夢見ていたテレビ電話の実現だ。インターネットの時代、恐るべし。

18:00からスタート、前もってビールとウーロン茶は買ってあった。それから枝豆も茹でておいた。

Kくんとの飲み会が始まったら、嫁がつまみを追加でもってきてくれた。そんなに手の込んだものはないのだが、会話を途切れさせることなく飲むことができてありがたかった。冷奴にキムチを載せたもの、昨日作った青椒肉絲の残り、オクラを茹でたもの、など。俺は缶ビール1本でもう酔っ払ってしまった。俺の方は仕事をするか、テレビを見るか、あるいは本を読んだりゲームをしたり、と特に見るべきところのない話すべきところのない暮らしぶりなのだが、それでもそれなりに話し込んで21:00まで喋り込んでしまった。

パソコンを使って会議をしているので、実際のYoutubeの動画を共有したりしながら飲める、というのもちょっと新しかった。

21:00すぎたら、俺は眠くなってきてしまって(誰とどこで飲んでもそうだ)打ち切り。