誰かが見ている

Amazon動画で配信されているオリジナル番組。

香取慎吾や佐藤二郎を配役して、三谷幸喜が脚本したコメディだ。

風変わりで不運でしかしいつもニコニコしている幸せキャラを香取慎吾が演じて、それを覗き見ている隣人を佐藤二郎が演じている。

三谷幸喜は、ウソ、を扱う天才だ。

つい、ついてしまったウソが、予期せぬことで綻んでいくことは実際にあるし、そしてそれは横から見ていて悲しいくらいおもしろい。HRホームルームは、つい良かれと思ってついた教師役の香取慎吾のウソが次第にバレていき、それをなんとかしようとすることで余計にこじれる関係を物語にしているものが多くて、三谷幸喜の最高傑作ドラマだと思う。いろんな立場の人が勝手を言っているのが面白かった。古畑任三郎もよくできていたけれどね。

 

誰かが見ている、は、隣人の佐藤二郎が壁の穴を隠すところなどで、ウソの崩れていく様子はあるものの、2話まで見た限りでは、そんなにウソや、それを隠そうとする展開は見られず。

三谷幸喜はワンシチュエーションものがうまいので、そこは配慮されているとおもうが、何しろ部屋で一人で面白を演じる香取慎吾も大変かな、と。人とのやりとりがあってこそのワンシチュエーションものだと思うので。

自分はもう見ないけれど、香取慎吾が熱演しているので応援はしている。