ダウ30000ドル越え

日経平均も26000円を越えてきており、実体経済を置いてきぼりにして、株の取引ができる一部の富裕層が見た目上の含み益を蓄えている状態。コロナもおさまらず、飲食店や交通系の企業にはまだ逆風が続く。こんな中で、経済の先行指標と言われる株を買うなんて少しおかしい。が、だからこそ俺も株を買ってみることにする。頭のおかしい人しか株ではもうからないからだ。

なるほどこれならあがるね、と、みんなが納得した時が株価の天井だ。おかしいね、変だね、と、思っている人が多い間は株価は上がってくるもんだ、と、俺は思っている。

理屈としては、政府が財政出動でいろんな株の大株主になってしまったので、そして政府は株を売らずに抱え込んでいるので、株の流動性がなくなってきて、株の希少価値が高まって株価が上がってきているのではないか、と思う。日本の場合。

税金で株を買う、ってどうなんだよ、と思う。株価が上がっても経済は良くならないぞ。少子高齢化をなんとかしようぜ、或いは、飲食店を助けてやれよ、とか思う。が、俺がここでわめいても仕方がないので、せめて株の値上がりに乗じて少しもうけさせてもらって、そして、そこでもうけた金で少し経済をまわしてやろう、と思う。

日産自動車の株価があがったら、俺、うれしい。