仕事のつらさ、仕事のないつらさ

ヨメが自宅で頑張っていた仕事がコロナの影響でなくなってしまった。急にそれで生活に困るということはないが、家計にとってマイナスなのはもちろんだけれども、ヨメの気分にも影を落としている。

5年くらいやってきて手に馴染んできた仕事がなくなり、また別の仕事を初心者からやり直すというのは、なかなか心理的につらい。就職活動というのも結構大変だ。履歴書書いたり、面接受けたり、知らない人たちとつき合ったり。

しかしそれよりも、社会との接点がなくなってしまい、社会的に貢献できていない感覚がなんだかフワフワしてしまい、まるで自分が誰にも必要とされていないような感覚になり、そちらもかなりつらいようだ。

仕事のある俺も、もう少しゆったりと働けないものかと思うくらいに、毎日頭が忙しくて、仕事が終わるとクタクタである。いろいろな人から問い合わせがくる。相談される。自分は気が向いた時に、調べたいことをじっくり調べて、そしてそれをまとめたりして、のんびり過ごしたい。

昨日の夜は疲れがひどくて夜の9時に布団を敷いて横になってしまった。