Win10の付箋紙

Win10に標準でついている、Sticky Note というアプリでたまっていく仕事を書き溜めているのだが、今のところ10個くらい画面に貼ってある。一つ一つの付箋紙が実行モジュールになっているらしく、タスクの切り替えをする時に付箋紙がどっさりと出てくるのが煩わしい。それにフォントサイズの変更はできなくなっている。なので、ちょっと大きい文字が書いてある付箋紙が10枚くらいで画面の半分を埋めていて、なんだか見た目が良くない。

今ひとつ決定版のようなものは、vectorなどのソフトのサイトを見ても見当たらない。

 

ま、画面が埋まり切る前に仕事を片付けていけということなのだろう、と、考えて仕事を回していこうと思う。