お腹のすいた子供らへ

amazon.co.jp

NHKでこの、みんなで応援プログラム、の存在を知った。

お金がなくて苦しんでいる人を支えて応援している施設が日本にはいくつもある。そういうところが、Amazonに、誰かに支援して欲しいものをあげている。で、お金がある人がそういう人たちの代わりに物を買って、彼らに届けてあげるというサービスだ。お金を寄付するのではなくて、買ってあげたいと思えるものを買ってプレゼントする、という感覚がなんだか斬新だし面白い。ということで、俺も、上高田みんなの食堂、という名前の施設に、欲しいものとしてあげられていた、歌舞伎揚(おせんべい)を2000円分程度寄付してみた。

他に、勉強道具や、図鑑など、色々欲しい物を掲載している施設があるのだけれど、何がつらいかって子供がお腹を空かせているというくらいに切ないことはないと思うのだ。

今月は株の運用がまずまずうまくいったので、自分だけでその儲けを独占するようなことはしないで、誰かの幸せにほんの少しだけ貢献したいと思えた。