初めての Uber Eats

使っている人が増えているらしいこのサービス、一度は自分も試してみようかと携帯にアプリを入れた。なるほど、確かにうちの近所のあちこちの店が対応しているのだな、とわかる。あまり近所だとデリバリーしてもらう意味がないので、少し離れたところにある、びっくりドンキーというハンバーグレストランに注文してみる。メニューはかなり絞られていて、お店の10%くらいの品揃え。初めてのUber Eatsの利用だとご祝儀で2000円も割引してくれる。一度でも使わせればリピートさせる自信がある、ということか。

どうもアプリの決済入力がうまくないようで、クレジットカードの登録が何度保存ボタンを押しても保存されない。やむなくパソコンを開いてそこはなんとかする。パソコン画面でも、注文確定のボタンが見つけにくくてイライラした。

が、注文したあとの現状を細かく携帯画面に反映してくれるのは、細かい日本人にはうれしい。特筆すべきはデリバリーの様子で、バイクのマークが地図の上を動いているのが見えることだ。おー、頑張って届けに来てくれる、今ここなのか、ん、ここで立ち止まったぞ、などが全て携帯で確認できる。まるでゲームをやっている気分だ。我がマンションにバイクのアイコンが止まった時はちょっと興奮した。面白い、これ!

ハンバーグはいつもの美味しさ。店でしか食べたことがないものを家で食べられるという幸せ。

 

ただ値段は店よりもやや割高。3割くらい高い価格設定のような。配送料がさらにそれに載るので、Uber Eats に頼ってばかりいると、貯金は貯まらないだろうな。

餃子の王将Uber Eats対応しているのだが、うちの近くに王将がない。残念である。出店してくれないものかなー。Uber Eatsで配達できる範囲に。