風紋

外資系のソフト会社 コンサル職のおっさんの日々

フォルテナの瞳

百田尚樹原作の映画化。百田尚樹は何かと我田引水なイメージだし、日本国紀は読みにくくて面白くなかったので、どうなんだろうかと思っていたが、話は誰もがこの設定から想定した通りの展開とラストで、んー、もう少しビックリしたかったかな、という物語。いや、ラストにひとつ、びっくりさせられる話が待っていたのだが、それはなかった方がスッキリしたんじゃないかと思える、蛇足。百田尚樹、話の作り方いまいちなんじゃないかな。

それでも、神木隆之介の演技は相変わらずの隙のなさ。そして有村架純の可愛らしさ、この普通感、芸能人らしさの全然ないふわっとそこにただいる感じは、見ているだけで癒し。有村架純ちゃんをもっと見たいので映画を見ていた、と言ってもいいような作品だった。