沖縄のボロボロ猫、ディノの来歴

 

www.youtube.com

YouTubeで見かけてから、なんとなくずっと追いかけている動画。第10回目くらいまで公開されている。猫をかわいがっている沖縄県の人が、ある日拾ってきたボロボロの猫を保護して少しずつ、家猫らしくしていくまでの様子を不定期に(毎週1回くらい?)流してくれている。俺もそんなに猫が好きというほどではないのだが、まさに今どこかで生きている猫とそれを元気にしようと格闘している人がいて、まさにそこにはドラマがある。サスペンスがある。次第に猫は飼い主に懐くかもしれない。あるいは急死する可能性だってある。実際に起こっているノンフィクションの世界なので、そこにはなんの容赦もない。だから面白い。元気になってそうして飼い主に懐くところを見ることができたら、きっと俺はすごく感動すると思う。そうなるのを楽しみにしながら、しかし、不意に死んでしまうかもしれず、そうなることを少し覚悟しながら、今後どうなるのかはわからない、誰にもわからない。

スポーツなどを応援する気持ちと同じ感覚で、この拾われ猫のディノがどのようになるのかについて近頃目を離せない。

 

この動画の視聴回数には100万回を超えているものもある。約30万円くらいYoutubeから収入と入ったことを見込む。こういう形で手に入れたお金でまた猫を保護する、そしてそれを人々が見る、というサイクルは昭和の頃には想像もできなかったし、そうしてなんだかそこに健全なものを自分は感じる。