風紋

外資系のソフト会社 コンサル職のおっさんの日々

捨てるセンス

ネットを見るとあれこれと情報だらけ、大抵のことはネットで誰かが取り上げているんじゃないかと思える。情報発信のコストが下がったせいで、情報そのものの全体の価値が下がって、情報発信にてお金を稼ぐ広告代理店や新聞などは儲けがなくなって大変そうだ。

俺ももうネットの情報はほとんどスルー。いいものを紹介してくれるコンシェルジュみたいな人を見つけて、その人のおすすめなら、と買う方が当たりを引く可能性が高いので、そういう人を見つけることが今の時代は大切になってきている。

 

息子らの世代は溢れる情報の中で生きているので、情報が不足していた頃に幼少期を過ごした俺らとは何か違う感じがする。

見なくていい情報を判断する力が高いような気がする。そうじゃないと頭がおかしくなってしまうだろうから。

やらないことを決める、そのセンスが今はかつてよりも重要になっているんだろう。俺はいまだにやらないとならないことをリストにして、それをつぶしていく日々だ。

なんだか、こうじゃない生き方もありそうに思うのだが、どうしたらいいのかはよくわからない。