勝手にふるえてろ

f:id:nonparking:20190718091024p:image

松岡莉優主演の恋愛映画。

主人公ヨシカは人と接するのが苦手な女の子。妄想の世界で昔好きだった男のことを王子様にして、それを何度も、召喚、して過ごしている。男性と付き合ったことがない。

彼女はその王子様を、イチ、と心の中で呼んでいる。そんな彼女につきまとい好意をさらけ出してくる、あちこちカッコよくない男。彼を主人公は、二、と呼んでいる。

自分を無視している好きな人と、自分を好きな人、の中で懸命に生きている主人公がいじましい。

冴えなく思えた、二、は、ずっと冴えないのだけれど、次第に彼を好きになっていくヨシカが可愛い。あー、こういう時代、いいよなあ。と、おっさんは見ていて羨ましい。

 

巨根

うちの息子はビビリで繊細な方なのだが、男性のシンボルは男親の俺がギクリとするくらいのサイズだ。小学5年生にしては大きすぎるのではないか? 比較の対象が俺だからなのかもしれないけれど、大変立派である。

それだけに邪魔なのだろうか、時々、何となくいじったりしている。おいおいいじるなよ、と、注意するのだが、誰に迷惑をかけているかというと微妙かも。どうして俺がそれが気になるのか、を、うまく説明することができない。なので、彼もよくわからずに、またもや時々いじっている。

いやあ、まあ、小さくて悩んでいる人もいるらしいので、その辺だけは良かったね、と言っておきたい。

電子メール

一方的に、これはあなたの仕事ですよ、と受信トレイに次々と立ち現れるメッセージの数々。それらを無視してこれは後回しに、と、振り分けてもなお、陸続とやってくるメール、メール。昭和の頃も仕事は大変だったろうけれど、電子メールがなかった頃はこんな風ではなかったろう。目に見えないものと闘い続けているような気になる。

電子メールのCCに含まれた人たちに、この仕事はこの人の責任です、と、暗黙のうちに知らせる見えない暴力装置。使い方次第ではいじめの道具だ。

立場の弱い者は、自分の無能力を盾に身を守るしかもはやない。孤立感。こんな社会にどうやって親しみを感じたらいい?

仕事がそんなに大変なわけではないけれど、なんだか電子メールって疲れるな、と、思った。

便利なのだけれど、電子メールなんてなかったらいいのに。、

 

焼肉

今週は水曜日を休みにしたので、ヨメと焼肉をランチで食べた。

ランチに行くまではなんだか元気がなくて、今やっている仕事のよくないところばかりが気になり、こういう仕事でいいのだろうか、とまで考え患ってしまい元気が出なかった。が、出かけて、焼肉ランチをしっかり食べたら嘘のように元気になってしまい、仕事に対しても前向きになっている自分がいた。それがなんだか嫌だった。

さっきまでの鬱々した気持ちは何だったのか。

自分の考え、は、一種の所有物のようなモノだと思うのだが、それが、ランチを食べたら別のモノに変わってしまっていたのだ。

もっと自分の感じ方や考え方は安定していてほしいのだが、全然そんなことはないというのがなんだか情けない。つまりまた、お腹がすいたら、世界の見え方は重苦しくなると言うことだろうか。

人は自分の感じ方をベースにして世の中を見ている訳なので、腹の減り具合で世の中が変わってしまうということになる。

こんなものなのだろうか、人間?

だったらもう、何かについて深く考えたりしない方がいいんじゃないか?

ビートルジュース

f:id:nonparking:20190710142925p:plain

ビートルジュース

ティムバートンの超古い古典。有名な作品なので1度は見てみようと思った。CGなどがない時代に、頑張って、コマ撮りアニメとか、いろいろなかぶり物とかで、工夫して映像を作っているのが懐かしくもうれしい。

話は、不慮の死を遂げたラブラブの夫婦の家が売りに出されることになったが、その夫婦は実は幽霊としてその家に住んでいたのだ。ただ、その夫婦はとても優しい気のいい人たち、そうしてその家を買いに来た家族は大変癖のある家族で、むしろお化けがいるならばそれを売りにすれば金儲けができる、と喜んでしまう。ホラーコメディという非常に独特のポジションを獲得した映画。

この物語の展開には一見の価値があると思う。さすがは古典。

ところでその話に絡むのが、妖怪世界のやり手のビートルジュース、不思議な力で人間の家族たちを追い払おうとしてくれるのだが、少し面白がりすぎて度を超えてしまい、歯止めがきかない。言うことを聞かない。

自分はこの吹き替え版を見たのだけれど、ビートルジュースはずっと関西弁。どうしてこういう人間の言葉をしゃべる、しかし人間でないもの、には、ときどき関西弁がすごくマッチするのだろう。

 

前に読んだ「夢をかなえる象」のガネーシャも関西弁だった。人のいい人物たちを巻き込む、イケイケのキャラクターには関西弁があうのだろうか。

不眠

月に一度くらいのペースで夜に眠れない。携帯ゲームのドラクエライバルズ をやったせいかもしれないが、やっても寝てしまう日の方が多いので、因果関係はわからない。月の満ち欠けによるものか、バイオリズムのせいか。

2時半になっても眠れないので、風呂に入って扇風機の風を浴びた。眠れない。お腹に何か入れてみようとキットカットを食べた。眠れない。血行を良くしようとマッサージマシンを腰に当ててみた。いててて。眠れない。もう4時過ぎだ!Amazonのアンリミテッドで読み放題になっていた、ゆめをかなえる象、を読み始めた。眠れないー。なんでだ。歳なのか。眠くないので寝れないのはつらくはないが、明日、つらいぞ、という焦燥感。会社ではあんなに眠れるのに。

ヒーリングというキーワードでアマゾン音楽をあさる。イーストスノーマンという知らない人が検索された。それを聴きながら静かにしたら、やっと寝れた。

本棚の上になぜか置いたままになっていたサンドイッチを腐らせるという、嫌な夢を見た。