検察側の罪人

木村拓哉二宮和也が検事の役。木村拓哉は昔の時効事件の犯人が、最近起きた事件の容疑者になっていることを知り、検事の立場ではなく、その昔の事件の復讐者として検察官として、というよりも人としてあるまじき行動に出てしまう。そうしてそれを知り、止めようとする二宮くん。

全体的に声が聞き取りにくい。字幕付きにしてようやく楽しめた。

努力家で昔の犯罪のことを思うと道を踏み外さずにいられない、それも正義を求めるが故、の木村拓哉と、えん罪はどうあってもふせぐべきだという二宮くんの、二つの正義が後半になってぶつかりあう。それにしても木村拓哉の検事の道の踏み外しっぷりはこちらの予想を大きく逸脱しているので、どうしてそういうことをしないわけにはいかなかったのか、についても、もう少し脚本に書いてもいいかなと思う。

二宮くんの何か言いたそうなたたずまいは今回もよく効いていて、見ていて彼が気になってしまう。ついつい見てしまう。

吉高由里子役の検事を手伝う書記官が、二宮君を好きになってしまうわけだが、その辺の流れも省略。映画だとその辺をどう片付けていくかが大切になってくると思うのだが、今回はばっさりであった。

どうして木村拓哉が諏訪部という松重豊演じる調達屋に頼ることにしたのか、など、見ていて説明が足りないところが多く、内容そのものにも、正義とは何なのか、というもやもやした主題であるというのに、このようにあちこちに登場人物の行動の合理性がわからずにもやもやが残ってしまうので、見終わった後もちょっともやもやする。

まあでも、二宮君が容疑者を尋問するシーンは一見の価値ありだと思う。

マスカレードホテル

 

マスカレード・ホテル (集英社文庫)

マスカレード・ホテル (集英社文庫)

 

 どうして文庫本の表紙に仮面舞踏会の仮面が出てくるのか、ずっと後半になるまでは分からない。が、それに関するくだりを小説の中で読んでみると、そうして実際に犯人が捕まるところを読み終わると、なるほど、なんといううまい表紙なのだろうと感心してしまう。東野圭吾の本は文章も読みやすいし、話も面白い。さすが第一線を支える小説家だ。

 ホテル側の立場と、警察側の立場、互いに対立するところもあれば、一致するところもある。そんな緊張関係を実にうまく書いている。

 連続殺人事件の次の殺人現場として、あるホテルが予告されている、とおぼしき暗号が見つかった。警察としても無視するわけにはいかず、潜入捜査官としてある刑事をホテルマンとして張り込ませる、という設定だ。

 木村拓哉が刑事役で、ベテランのホテルマンを長澤まさみが演じている。当て書きしたという話を聞いた。木村拓哉のイメージに確かにぴったりだと思う。長澤まさみもあっていると思う。窮地に立ちながらもなんとかそれを乗り越える女性の役は、長澤まさみにまかせておけばいい、のかな。散歩する侵略者、アイアムヒーロー、のいずれでもそんな役柄だったような。

 

世田谷学園 学園祭

三軒茶屋から歩いて15分くらいのところに世田谷学園はある。

学園祭巡り3つ目だ。生徒たちは、みんな真面目で大人しくて、いい子な感じ。とても好感が持てた。

昨日の芝の方は生徒の生徒による生徒のための学園祭という感じで、ワイワイ感がとても好ましかった。世田谷学園は先生も所々に介在して、先生とともに盛り上げていく学園祭、という感じだった。これは優劣の問題ではなく、好みの世界だと思う。自分はどちらもそれぞれなりに良いと思った。

が、芝の方が自立心は育つかな、と、思った。

神がいない死体

https://www.amazon.co.jp/dp/B009T7775Q/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

 

上野正彦氏は検死官で20000体の死体を見てきたという。彼のこれまで見てきたものから思い出されるものについて語っていくもので、それほど深掘りもしないが、いろんな人がいるんだなあと思わずにいられない話がどんどんでてくる。神がいない、というのは。なんというか見ていて痛ましい死体のこと。

芝中学の学園祭の古本市にて50円で購入した。帰りの電車の中で読んでしまった。

学園祭 芝中学

御成門から坂を上って10分くらい。うちから御成門待て1時間と少しかかるので、この学校に通うとなったら、もう引っ越しはほぼ間違いない。孟母三遷である。

学園祭の会場に行くと生徒さんらが大きい声でコンチワーと挨拶してくれる。校舎にずっと放送委員の流す放送が流れていて、一階ではコンサートもどきのステージでワイワイやっている。この、ワイワイ感が実に楽しそうだ。

ムスコは将棋部で金だけの部員さんに負けてしまったらしい。

俺、この学校に行く、と、負けた悔しさからか、何なのか志望の意志がここで芽生えた。

おー来てよかった。古本市やっていたり、金魚すくいをやっていたり、実に親しみやすい。あちこちで行列になっているのもうなづける。

 

そのあと秋葉原に行って散策。ドラクエのガチャを3回回して、全部同じカプセルという理不尽にやられる。400円もするやつなのに!

ロテッラサリチキンを食べたのが1530くらいになってしまったので、晩御飯はスキップである。

iphone11 pro MAX

携帯は俺にとってはもう、以下の使い方ばかり。

メールの読み書き

動画を見る端末

ドラクエライバルズ の端末

ブログの端末

これで使い方の90パーセントくらい。最近は老眼のせいで眼鏡をはずしながら、端末を触ることが増えている。この際なので文字の大きい端末にしよう、それから、写真の機能が大きくアップしたらしいので、それを生かして少しインスタ映えする画像をブログに載せよう、と。インスタグラムじゃなくて。

それから2019/9で、今の端末は、半額サポートという特約で、下取ってもらうことでこの端末の今後の支払いをなしにできるという制度があるので、それを使って乗り換えようと思う。

今の端末は、iphone8である。不満はないのだけれども。画像がもっと綺麗に大きく見えたなら、動画を見る体験ももっと良くなるだろうと思うわけだ。

13万5000円もするので、これだけ払えばパソコンも買えるのだけれども、それくらい払っても良いくらいに生活に密着しているツールだとも今や言える。

カラオケ

息子とヨメと3人でカラオケ。

ムスコもそれなりにむずかしい、レモンという歌や、アニメのオープニング、RADWIMPSの歌などをうまく歌えるようになっていた。ヨメも付き合いで歌った。

俺も、やさしくなりたい、などを絶叫で歌った。SPARKとか。松任谷由実のロンドとか。石原裕次郎、北の旅人とか。みんなでカラオケに行って楽しめるようになると、まるで仲良し家族のようだ。

 

晩御飯は俺が作ったスパゲティミートソース。