自分を嫌う人がいるということ

休職というか、休みの1日目。

客先には病気のため、と連絡した。上司のおかげで、ここまで進めた。

昨日、適応障害の診断書をもらって、上司にも休んで良いと承認をもらえて、どうにか心が壊れるのを食い止めることができそうだ。

このように運命を運んでくれた森羅万象に感謝しよう。

 

やー、やっとよく眠れるようになったと目覚めたら、またもや午前4時だった。あきれた。これでよく眠れるようになるかと思ったのだけれども、まだ早起きの体のリズムは消えていなかったらしい。

 

少し読者が増えてきたので、ブログの引越しを敢行。IDに名前が丸出しなのは感心しないので。思ったことを赤裸々に書きにくい、そのためブログも面白くなくなる、という配慮からだ。

楽しく読んでくださっていた読者の方には、ご面倒をおかけします。引き続きご贔屓に。

 

子供に朝ごはんを作ってあげて、見送った。

朝ごはんを食べたら気を失いそうな眠気。早起きの眠気と気が緩んだことによる眠気だろうか。

ゴロゴロしながら心の痛みに関する動画を眺めた。

NHKの「100分で名著」のアドラーの回を見つけた。人生の意味の心理学、という本だ。その第4回目を眺めた。

そこで岸見一郎先生が言っていた言葉が俺に突き刺さる。

 

自分を嫌う人がいるということは

自由に生きていることの証し

 

休職したことで客先やいろんな人に迷惑をかけるのではないか。承認欲求が少し強めの自分はついついそう思ってしまっていた。そこに突き刺さった。

そうか自由とはそういうことなのか。

 

嫌われたっていいんだ、と思うのはなかなか大変なのだが。

確かにそこには勇気が必要だ。

嫌われる勇気を今こそ振り絞ろう。そこに出口がある。適応障害になりやすい性格の、俺のような者たちには。