息子の昼寝

今日も息子は塾に行く気力が出にくい様子。風邪気味なのか、燃え尽きなのか、判然とはしないが疲れているのは確実と見たので、塾は休ませることにして家でのんびりさせる。

10時くらいに風呂に入って温まったところで、アロマオイルで首と背中をマッサージ、リラックスする環境音楽を聴きながら一緒に横になっていたら、コロリと寝てしまった。

勉強疲れが出たのか、神経の疲れが結構溜まっていたのではないかと思う。この辺がちょうど良い休みどころだろうと思う。勉強やだな、と、思いながらやってもますます嫌になるだけだ。そろそろやるか、という気持ちになるには身体がまずは休まなくてはなるまい。

おれも睡眠不足になるとてきめんにうつ病気味になるので、人がたくさん寝ているのを見るのは好きだ。

自分が疲れていることも意外と分からなかったりすると思う、子供は。

そろそろ少しはやろうか、といって宿題は一緒に後でやろうかと思う。中学受験は親も巻き込んでの団体戦だというのは、こういう親の応援や配慮がないと耐えられないくらいに、子供はたくさんのことを短期間に詰め込んでいるからだ。