有給消化、免許更新、メダカの死

免許更新のために警察署へ。行きがけに写真を撮った。暑さでメガネが曇った。もうそこでは2回目の更新になるのかな、ほとんどつまづくことなく更新手続きが終わった。警察署についてから45分くらいで終わった。せっかく有給を取ったというのに。

そのあとは皮膚科へ。湿疹で足がガビガビのボロボロである。写真を撮って共有したら読者が1人もいなくなりそうなくらいの有り様で、見ていて痛ましいくらいなのだ。病気ってつらいな。先生によると湿疹ではなくて今は水虫なのだという。悲しいことは、湿疹の薬は水虫にとってはむしろ良ないということで、かゆみを止めようとに塗っていた薬のせいで病状を悪化させていたという皮肉だ。

ミズムシの薬をもらったので、コレをせっせと縫って、かゆみを感じない人生に戻りたい。

 

メダカは朝死んで、夜も死んで、とうとう3匹。金魚と同じ水槽だから死んでる、という説は疑わしくなっている。じゃあ、なんで死んでたのか、なんで今死んでるのか、そういうことは本当にわからなくて、だからペットは難しい。

センター北駅にあるペットショップに行く機会があったら、また少しメダカを補充しようかとも思う。しかし原因がわからないと、このままではメダカで我が家が破産してしまう。